進化した鳥として地球最後の海を飛ぶ

遠未来SFアクション

進化した鳥として地球最後の海を飛ぶ
遠未来SFアクション

人類の後、6500万年後

氷河が地球全土を覆い尽くす全球凍結現象に見舞われた世界で、生命は氷の下に残された海にその活路を見出した。

人類の後、6500万年後

氷河が地球全土を覆い尽くす全球凍結現象に見舞われた世界で、生命は氷の下に残された海にその活路を見出した。

緑生い茂る氷の空、自ら光を生み出し海底を彩る魚たち。この新たな生命の黄金時代に繁栄を謳歌する者たちがいた。鳥類の末裔、トゥアイ。高度な知性と特異な代謝を発達させた彼らの歴史は数千万年にも及び、その繁栄は盤石のものであった。氷の空の下、外界の脅威から守られた海に豊かな生態系を育む大氷河期、『永遠の冬』が続く限りにおいて―

プレイヤーはトゥアイの一羽として、永遠の冬に訪れた脅威に立ち向かう。

緑生い茂る氷の空、自ら光を生み出し海底を彩る魚たち。この新たな生命の黄金時代に繁栄を謳歌する種がいた。鳥類の末裔、トゥアイ。高度な知性と特異な代謝を発展させた彼らの歴史は数千万年にも及び、その繁栄は盤石のものであった。豊かな生態系を育む大氷河期、『永遠の冬』が続く限りにおいて―

プレイヤーはトゥアイの一羽として、永遠の冬に訪れた脅威に立ち向かう。

緑生い茂る氷の空、自ら光を生み出し海底を彩る魚たち。この新たな生命の黄金時代に繁栄を謳歌する者たちがいた。鳥類の末裔、トゥアイ。高度な知性と特異な代謝を発達させた彼らの歴史は数千万年にも及び、その繁栄は盤石のものであった。氷の空の下、外界の脅威から守られた海に豊かな生態系を育む大氷河期、『永遠の冬』が続く限りにおいて―

プレイヤーはトゥアイの一羽として、永遠の冬に訪れた脅威に立ち向かう。

グレイシャードの戦闘はリアルタイムに近接攻撃と遠距離攻撃、そしてアビリティを使い分けるダイナミックアクション。熱と冷気を操るトゥアイ種の能力を解き放ち、鳥類、そして恐竜から続く頂点捕食者の血脈を示せ。

進化した鳥類の子孫 – トゥアイ

氷下の海に適応した鳥類の末裔。かつての鼻孔は胸部で大きく開口して水を取り込み、溶存酸素による完全水中呼吸を実現している。鳥類が有していた気嚢と呼ばれる高性能な呼吸器は”熱嚢”へとさらなる進化を遂げ、呼吸時に取り込んだ水から酸素のみならず熱を取り出す、あるいは体温を放出する能力を彼らに与えた。熱嚢での熱交換に用いられる特異な物質は翼からも分泌されており、これが海水と反応して結晶化し、生体に膠着する。トゥアイはこの”結晶翼”に熱嚢から取り出した熱や冷気を蓄え、必要に応じて利用できる。地球上で唯一の可変温動物とでも呼ぶべき独特の代謝システムを進化させたトゥアイたちは、求められる活動レベルに応じて瞬時に体温を変化させ、活動と休眠状態を切り替える。極めて効率的な代謝は摂食の必要性を劇的に減らし、彼らの寿命をも飛躍的に向上させた。短いものでも数千年、長いものでは数十万年を生きる個体も存在する。

進化した鳥類の子孫 – トゥアイ

氷下の海に適応した鳥類の末裔。かつての鼻孔は胸部で大きく開口して水を取り込み、溶存酸素による完全水中呼吸を実現している。鳥類が有していた気嚢と呼ばれる高性能な呼吸器は”熱嚢”へとさらなる進化を遂げ、呼吸時に取り込んだ水から酸素のみならず熱を取り出す、あるいは体温を放出する能力を彼らに与えた。熱嚢での熱交換に用いられる特異な物質は翼からも分泌されており、これが海水と反応して結晶化し、生体に膠着する。トゥアイはこの”結晶翼”に熱嚢から取り出した熱や冷気を蓄え、必要に応じて利用できる。地球上で唯一の可変温動物とでも呼ぶべき独特の代謝システムを進化させたトゥアイたちは、求められる活動レベルに応じて瞬時に体温を変化させ、活動と休眠状態を切り替える。極めて効率的な代謝は摂食の必要性を劇的に減らし、彼らの寿命をも飛躍的に向上させた。短いものでも数千年、長いものでは数十万年を生きる個体も存在する。

DISCOVER TUAI, AN ADVANCED SPECIES OF AVIAN

A species evolved from birds that have adapted to the glaciered ocean. The holes, which used to be nostrils, open wide in the chest to take in water, allowing complete underwater respiration with dissolved oxygen. The high-performance respiratory organs of birds, called air sacs, evolved into “heat sacs,” which gives them the ability to extract not only oxygen but also heat from the water they take in during respiration, or to release body heat. Their wings also secrete a unique substance used for heat exchange, which reacts with seawater to crystallize and adhere to the body. These “crystalline wings” store heat or cold extracted from the heat sacs and can be retrieved as needed. Having evolved an unique metabolic system that makes them the only “variable-blooded” species on the Earth, Tuai can change their body temperature in a second according to the level of activity required, and switch between active and dormant states. This extremely efficient metabolism has dramatically reduced the need for food intake and has also increased their lifespan. Some of them live for thousands of years at the shortest, and hundreds of thousands of years at the longest.

進化した鳥類の子孫 – トゥアイ

氷下の海に適応した鳥類の末裔。かつての鼻孔は胸部で大きく開口して水を取り込み、溶存酸素による完全水中呼吸を実現している。鳥類が有していた気嚢と呼ばれる高性能な呼吸器は”熱嚢”へとさらなる進化を遂げ、呼吸時に取り込んだ水から酸素のみならず熱を取り出す、あるいは体温を放出する能力を彼らに与えた。熱嚢での熱交換に用いられる特異な物質は翼からも分泌されており、これが海水と反応して結晶化し、生体に膠着する。トゥアイはこの”結晶翼”に熱嚢から取り出した熱や冷気を蓄え、必要に応じて利用できる。地球上で唯一の可変温動物とでも呼ぶべき独特の代謝システムを進化させたトゥアイたちは、求められる活動レベルに応じて瞬時に体温を変化させ、活動と休眠状態を切り替える。極めて効率的な代謝は摂食の必要性を劇的に減らし、彼らの寿命をも飛躍的に向上させた。短いものでも数千年、長いものでは数十万年を生きる個体も存在する。

製品情報

お問い合わせ